凡庸京大生の自由帳

凡庸京大生の自由帳

学んだこと、読んだ本、行った場所とかについて書いていくつもり。ただの自由帳。

絶対音感は大人になってからは身につかないのか?試してみることにした!

大人になってから絶対音感はつかない?

f:id:nagisaharu:20210304081522j:plain

先日友人と話していた時に「絶対音感は大人になってからは身につけられないというのは本当なのか」という話題がでました。

 

ネットで絶対音感について調べると発達の臨界期の話がでてきます。

 

要は適切な時期に訓練をしなかった場合、歳をとってから頑張っても能力伸ばすのめっちゃ大変だよー的なやつです。

 

 

自分も(勿論友人も)その話自体は知っていました。

 

ところが友人は、「絶対音感は結局音の記憶だから時間をかければできそう」みたいなことを言いました。

 

確かに臨界期を逃してしまっているので、習得にはかなり時間を要するでしょうが、100%無理だと断言するのも難しいのかなーと少し思いました。

 

小さい頃から数字パズルをしていたり積み木で遊んだりしている子が、中高で数学が得意になる確率は高いでしょうけど、全くそのような訓練をしていない人でも勉強したら一定までは伸びるでしょ、みたいな話です。

 

8音同時に鍵盤を押して、その全ての音を当てられるレベルの絶対音感はまぁ多分身につけられないでしょう。

 

でも単音だったらどうでしょう...気になりました。

 

というわけで、ポーンとピアノの単音が鳴った後すぐに答えを読み上げてくれるような音源を作ろうとなったわけです。

音源を作ろう!の巻

f:id:nagisaharu:20210304081539p:plain

ピアノは全部で88鍵あります。

 

自室にピアノがあるので、自分で一つ一つピアノの音を鳴らしてその後に自分で「ド」とか「レ」とか言っていくのを録音...とやっていくのは流石にまずい。

 

オーディオインターフェース無いので直撮り?になっちゃってノイズも入りまくっちゃう。何より面倒くさい。

 

というわけでプログラミングの出番です。

 

gTTSで「ド」から「シ」までの12音を読み上げてもらって音声ファイルとして保存。

 

ネットでピアノの音の素材(88鍵全部落ちているのは中々無い!!)を拝借。

(なんか利用規約なんも書いてないんだけど営利目的じゃないし使っても大丈夫ですよね...?(震え))

 

それぞれピアノの音の開始時点がバラバラなので、無音部分をまとめてカット!

 

といってもそんな処理自分じゃどうすれば良いのかわからないのでネットの強い人のアイデア丸パクリ!すごいね!

 

 

あとは答えの音声ファイルとピアノの音を対応させて結合!

完成!わーい...

いざ訓練開始

最初から88鍵ランダムで出題されたらきついので、C4(よく聞くド)~C5(一つ上のド)からランダムで出題。

 

...やってみて初めて気づく。

 

これじゃ絶対音感つかなくね???

 

このやり方だと、前の音を基準にして次の音を推測しているだけになります。

 

かといって最初から88鍵やっても全く進歩せずに終わるだろうし...

 

 

さすがにもう少し出題範囲を広げたほうが良さそうです。

 

絶対音感の研究とかちょっと調べてみると、音の出題範囲を増やしていく以外にもピアノ以外の音色を使った実験とかもしてるっぽい。

 

 

ただ正直なところ、単音のみの絶対音感って全然魅力的じゃないんですよね。

 

最低3音同時が正確に聞き取れると嬉しいのですが...

 

モチベが無いので続きそうにありませんが進捗があったらまた書こうと思います。