凡庸京大生の自由帳

凡庸京大生の自由帳

学んだこと、読んだ本、行った場所とかについて書いていくつもり。ただの自由帳。

前期始まった。最近忙しい。

前の記事から結構時間が経ってしまいました。

 

前期が始まってから1ヶ月以上が過ぎています。

最近忙しいです。

前期

f:id:nagisaharu:20210513015210j:plain

留年はほぼ確定している(頑張れば4年で卒業できる状況だとしても多分あえて留年する)のですが、一応今期は人並みに時間割を埋めておきました。

 

学年が上がって急に忙しくなってしまいました(オンライン講義なのでまだ助かっているところは有る)。

 

 

GW中は課題のことを考えたり進めたりしてたら終わりました。

まぁその甲斐もあってGW中から進めていた課題の一つがようやく昨日終わりました...

 

 

とんでもない鬼課題というわけではなく、まともな人なら1日か2日くらいで終わると思うのですが要領が悪すぎてなかなか進まない日々が続いてしまいました。

 

まだ課題が溜まっているので明日から再び頑張ります。面倒。

 

 

ただ、授業内容は興味のあるものが昨年度後期に比べれば多いのでまだリズムは崩れていません。全ての講義を受講できています。

 

いつリズムが崩れるのか...自分ことながら怖いです。

 

日本史

現在自分は京都に住んでいます。

時々神社仏閣めぐりをするのですがふと、歴史を知っていたらもっと楽しめるのだろうなと思ったので日本史を軽く勉強することにしました。

 

 

実は大学3年目?くらいの時に自分で高校日本史を一度勉強したことがあるのですが、問題を解きながら参考書を一周読んだくらいで、面白さをあまり感じることなくすぐに飽きてしまいました。

 

 

今は京都に住んでいることもありモチベーションが以前とは違うので、課題で余裕がなくなったGW以前までは2日に1回くらいのペースで日本史に触れていました。

 

具体的にはTry ITさんの日本史講義平安時代の終わりまで2周しました。

 

 

こういうのはなるべく早めに、浅くてもいいので全範囲一周することが大事だと思っているのですがGWで止まってしまいました。

 

 

勉強し始めにも関わらず数週間も日本史に触れていないことになるので、歴史の流れが抜けてしまっているでしょうがまぁしょうがない。

 

大学の課題をなんとか処理して再び日本史の勉強にも戻りたい。

 

また、本媒体でのインプットも欲しいと思ったので高校日本史の良さげな本を探しました。

 

最初から教科書を読むと痛い目を見るということを、世界史を独学した時に経験しているので良さげな解説書のような本を探しました。↓

読んで深める日本史実力強化書

 

教科書の行間を埋めたような感じの解説書という感じです。

かなり読みやすいと思います。

 

とりあえず早く全範囲を一周したいですねー

 

他にやりたいこと

プログラミングでなんかやりたいです(漠然)

 

流石にまたしょうもないLINEBotを作ってもしょうがないので、別のことやりたいです。

 

今の所考えてるのは何かを作るのではなく、機械学習とかディープラーニングなどについての勉強。

 

恐らく簡単に理解できるようなものでは無いと思うのですが、手を出してすらいないのでまずはその世界を少しだけ覗いてみたいですね。

 

勉強してよく分からなかったとしても、理解できないということが分かるというのは重要だと思っているので取り敢えずチャレンジしたいという気持ちがあります。

 

まぁそんな余裕がいつできるのかは謎です。

もしかしたら夏休みから始めることになるかもしれませんね。 

 

まずは目の前の大学の課題です。

今回はここまで。