凡庸京大生の自由帳

凡庸京大生の自由帳

深く考えず書き散らす。ただの自由帳。

数年ぶりに受けたTOEICの結果と感想(第293回公開テスト)

 

前に受けたTOEICの結果返ってきました。

ご覧の通り、840点でした(使った参考書・勉強法についてはこっちで書いた)。

 

(自分の中では)割りと真面目に2ヶ月くらいTOEICの勉強をしたのですが、こんなもんなんですかね。

 

900点くらい欲しかったという気持ちが小さくもない。

 

今回でTOEICは2回目の受験なのですが、1回目受験時の記憶がほぼ無いので気持ち的にはほぼ初受験でした(ちなみにその時のスコアは635点)。

 

ということで、初受験()の感想を書きたいと思います。

 

まず1番言いたいこと。リスニングが難しすぎる。

 

自分は究極のゼミシリーズという参考書を使ってリスニングの勉強をしていたのですが、その中に出てくる問題と本番の問題の難易度が違いすぎてびっくりしました。

 

例えば、学習時はPart1で分からないということは基本的に無かったのですが、本番では2,3問自信なかったです。

 

リスニング全体を通しても、「大体何言ってるか分かる」という状態がデフォだったのが、本番では「大体何言ってるか分からん」になりました。

 

 

スピーカー音声の反響がすごかった(普段はイヤホンでリスニングしてる)のでそれにびっくりしてしまった感はありましたが、それにしても分からなすぎた。

 

 

次2つ目。時間が短すぎる。

各Part、ある程度時間を決めて解答することを意識していれば、通しで模試・過去問を解く必要は無いだろうと思っていたので、本番が初めてのフル解答でした。

 

時間内に終わらず、最後の3問は塗り絵になりました。

 

会場の時計が2~3分ずれていた(これホント許せん)のでこうなったのですが、どっちにしろ時間がカツカツなのに変わりはありません。

 

みんな読むのどんだけ早いんだよ...

 

 

3つ目。結果を見て思ったことですが、リーディングが低すぎる件。

 

TOEIC受験直後の手応えとしては、

「リスニング全然分からんかったけどリーディング簡単だったな」という印象でした。

 

で、蓋を開けてみたら全然ダメ。どうなってるんだこれ。

 

リスニングはみんなも出来なくて調整でこうなったとかなんですかね。

 

設問別正答率とか見れるのか分からんけど(紙で送られてくるんだっけ?)、内訳がかなり気になります。

 

というか長文に関しては文章の内容がつまらないんじゃ(言い訳)。

 

 

受験直前:噛み合って900点ギリ行ってくれないかなぁー

受験直後:800点行ってないわこれ

結果確認:思ったよりは高かった、わーい

 

って感じになりました。

 

次受けるかは知りませんが、受けるとしたら長文の対策ちゃんとやらんとスコア更新とはならないでしょうね。

 

発達障害持ち僕、大学卒業の可能性に震える。ニートへのカウントダウン。

大学を卒業できる発達障害者は何者なのか。

 

発達障害者にとって大学卒業は難しすぎます。

 

ある記事より引用。

日本における大学の卒業率は90%前後だが、日本学生支援機構の令和元年度の調査によると、発達障害のある学生の卒業率は68.3%。調査は4年生まで進級した学生を対象としており、3年生までに退学した学生も含めれば、卒業率はさらに下がるとみられる。

 

個人的に、大学を卒業できるかどうかは環境によるところがかなり大きいと思います。

どこの大学を選ぶかよりも、何を専攻するかが重要です。

 

そういうわけで自分は、自分に最適と思われる環境を探し求め、大学を2回中退し、3度の大学入学を経験する羽目になりました。

 

そして結果どうなったかというと、素晴らしいことに卒業に必要な単位は全部とれそうです。

 

 

1,2年次は正直終わってました。一桁単位しか得単できない学期もありました。

 

しかし、3年の専門課程に入ってから覚醒しました。

 

入学する前から、3年以降の専攻分野を決めていた(厳密には2つで迷ったが)ので、3年進級時においてはカリキュラムを楽しみに思う自分がいました(当然面倒くさいという感情の方が大きくはあったが)。

 

学期のほとんどの講義が専攻分野の講義であり、興味のある話ばかりだったので主体的に受講することができました。

 

環境を変えたことは大正解だったと言えるでしょう。

 

 

ちなみに、単位を取り切れる可能性はどちらかといえば高いですが、4年で卒業できるかは知りません。

 

これまでの経験上、いきなり大学不登校になったりする可能性は余裕であります。

急にすべてどうでもよくなって投げ出すといったことがまた起こり得るかもしれません。

 

また、4年間で単位をすべて取り切れたとしても卒論の壁があります。

今のところ卒論なんて書ける気がしません。

 

4年で必要単位をすべて取りきり、かつ卒論までかきあげている大学生が多数派であるという事実に未だに驚きます。

 

そりゃ社会人できるわな......

 

 

高校の知り合いで発達障害の診断を受けた人が2人いるのですが、彼らはどちらも大学を中退してしまいました。

 

なんとなく自分もそうなるんだろうなぁと思っていたら、(当初の予定よりは)いい感じに来たのでびっくりです。

 

 

大学卒業したらめでたくニートです。ニート生活を楽しみに大学頑張ってます。

 

 

ニートするのになんで大学卒業頑張るん?」とはしばしば聞かれます。

 

もちろん、ここまで来たら卒業したいというやり切り精神はあります。

 

しかし、今まで生きてきて「人生何が起こるか分からない」といったことを嫌というほど味わってきたので、一応大卒資格を取っておこうという気持ちもあります。

 

大卒だから状況が好転するといった機会が訪れる確率というのは”自分の場合は”低そうですが、まぁ一応。

 

 

あとどうでもいいけど京大って自分みたいなのがたくさんいると思ったら、意外とみんなちゃんとしてる。

 

就活もしてるみたい。就活って結局なんなんだ...

 

 

今までにさんざん書いていることですが、あらゆることを諦めると生きやすくなるのです。

自分にも他人にも期待しないことが幸せの閾値を下げることにつながるのです。

 

 

発達障害関係なくなっちゃった。書こうと思ってたこと忘れました。

メルカリで本を売る人に言いたいたった1つのこと

 

メルカリで本を売る人、頼むから書誌情報の記述 or 写真を載っけてくれ...

 

 

書誌情報とは、本の一番最後のページあたりに書いてある、出版社や出版年や書いてあるアレです。

 

自分が買う本はテキストや問題集が多いのですが、書誌情報を載っけてくれている人が少なすぎてビビります。

 

 

特に大学のテキストは誤植が多かったりします。

 

そういった誤植に関しては大抵、出版社がHPなどで「第x刷/第y版では何ページ目の〇〇を訂正」といったような正誤表を作ってくれています。

 

よって、書誌情報さえ分かればその本の誤植の訂正程度が分かるわけです。

 

しかし、メルカリで売られている本は書誌情報を載っけてくれている人がめちゃくちゃ少ないので、買う前にいちいちコメントをしたりして書誌情報の確認をしなければなりません。

 

 

安く売ってくれているものは即購入したいとは思いますが、大量の誤植が残ったままのバージョンを買うリスクがあるわけでして、またそうしている間に他の人に買われてしまうというのは悲しいもの。

 

奇縁でこのページにやってきたメルカリ出品者の方、本を売るときは是非書誌情報の記述かその部分の写真添付をお願い致します。

興味のある講義が少なくなってきた&兵馬俑見てきた

f:id:nagisaharu:20220410121230j:plain

大学が始まりました。

 

シラバスと長々と睨めっこをし、なんとか時間割を作りあげましたが、興味のある講義の少ないのなんの...

 

興味のある専攻分野の講義は、ほとんど取り終えている or 1限なので、それらで時間割を埋めることは難しいです。

 

また、興味のある講義だとしても、成績評価がレポートのものはなるべく避けるようにしています。レポート本当に書けないので...

 

違う学部の講義を単位に含めてくれたりしたら大分楽なんですけど制度上そうなっていないので仕方なく興味のない講義で単位を埋めるしか無い。

 

 

意外と大学で色んな分野の講義を取ろうとするのむずいよなーって思っています。メインブログにもそのことを書いておきました(こちら)。

 

 

今期は不安で不安でしょうがないです(毎期これ言ってるか)。

 

 

さて、そんなこんなで時間割を無理やり作り終えたということで、つい先日気分転換に少しおでかけしました。

 

美術館に入ったら兵馬俑展がやっていたので、この機会を逃してはならんと思い入場を決めました。

 

ブースがいくつかに分かれており、最後のブースに兵馬俑が展示されていたのですが、それ以外のブースには春秋戦国時代~漢代あたりまでの壺やら矛やら金印やら物珍しいものが並んでいました。

 

 

1つのブースにずっと居座ってたら職員さん(?)に声をかけられて、そんなゆっくり見てたら閉館までに全部見終わらんぞという旨のアドバイスをいただきました。

 

ギリギリの時間に行ってしまったことを後悔しつつ、兵馬俑のブースへ急ぐことになってしまった。残念。

 

 

兵馬俑ってあんな大きいんですね。190cmくらいあります。威圧感があります。

武道(?)の構えみたいなのをしているものもあったのですが、それは正直怖かったです。

 

f:id:nagisaharu:20220410122340j:plainf:id:nagisaharu:20220410122344j:plain


お馬さんかわいいね。

 

4月の下旬にはポンペイ展が開かれるらしいのでそれも行こうと思います。

ウクライナ情勢が毎日気になってしょうがない

f:id:nagisaharu:20220331211807p:plain

2022年2月24日にロシアがウクライナ侵攻を開始しました。

 

それ以降の春休みは、毎日の起床後にウクライナ情勢の最新情報を得てから1日をスタートさせることが常となりました。

 

戦争が始まった時、この戦争はどう終わるのかと考えていました。

 

 

世界情勢なんて全然詳しくないですし、ましてや軍戦略などについては全く知らないので、ロシアが早々にウクライナに勝利してしまうのではないかと思っていました。

 

そういうわけで戦争開始時点では、ウクライナNATO非加盟の約束と、ウクライナ東部(ルガンスク・ドネツク)のロシア領編入で終わるのかなと予想していました。

 

 

しかし現実はそれとは異なり、ウクライナが徹底抗戦をし、戦争も1ヶ月以上続いています。

 

 

戦争が長引くにつれて、かつてのロシア革命の時のように軍も反政府勢力に加わり、内部からロシアの現政権が崩壊するのではとも考えるようになりましたが、プーチン氏の強権は本当に頑強のようで、その可能性は低そう(?)

 

一個人が考えたところで無意味なのは分かっていますが、今回のウクライナ情勢は日本にも普通に関係することなのでどうしても気にしてしまいます。

 

 

ロシアのドローンがNATO領域内に入ったという情報もあり、流石にNATO領域にそれやったらまずくね?ってビクビクしてます。

 

キューバ危機以来の第三次世界大戦勃発の危機に見えてしまいます。

アメリカもロシアも第三次世界大戦なんてしたくないはずだけど...

 

自分は怖がることしかできません。

 

 

戦闘中にウクライナ兵士の銃に銃弾が直撃する映像は衝撃的でした。おいておきます(1:12あたり)。

奇跡のフル単

f:id:nagisaharu:20220323183012p:plain

後期の成績が出ました。

 

30単位以上入れて全部取れてました。

素晴らしすぎる。自分じゃないみたい。

 

0単位取得が自分のイメージなのでめちゃくちゃ感動してます。

 

誰かに表彰されたいくらい。

 

 

その一方、最近の生活習慣が崩壊しているので、新学期が不安です。

 

授業が始まるまでに、3限の時間には起床できるようになっておかないと。

 

1,2限には絶対に授業を入れてはならない。

 

 

残りの卒業必要単位数は、今期の挽回により普通の人なら留年しないくらいのレベルまでにはなりました。

 

しかし、そもそも卒論未着手であること。
また、自分を信用していないのでこの勢いのまま今後単位取得できるかということについても不安。

 

一留で済みそうということをどこかで書きましたが、卒論が進まない限り何留しても卒業はできなさそう。

 

春休みはあと2週間くらい(つい最近まで4月1日から授業かと思ってたけど違った)。

 

 

生活習慣崩壊とともに勉強もストップしているので、なんとか持ち直したいです。

 

↓最近の生活ホントにずっとこんな感じ。

英文法やり直し&1万年ぶりの散歩

さて、最近はほぼ毎日英語を勉強しています(と言ってもリスニング音声聞いた後に音声真似して喋ってるだけだけど)。

 

スピーキングの機会は今のところほとんど無いのでスピーキングに関してはあまりモチベが無いのですが、リスニングに関してはある程度できるようになりたいと思っています。

 

 

英語に関してはここ一年くらい、”英文法忘れてる説”がしばしば脳をよぎっています。

 

英語の論文を読むときも、「そんなに難しいことは書いていないはずなのになんかよく分からん...」ということがよくあります。

 

これについては、英文法理解の浅さをなんとなくの感覚で誤魔化すことで読めている気になっているだけなのではないか、ということをずっと思っていました。

 

英文法をまともに勉強したのは高1の時です。その後高3のときに焦って問題を解き散らしましたがそれももう何年も前の話。

 

 

そういうわけで、英文法勉強し直すかーと重い腰を上げることにしました。

 

が、そもそもどうやって勉強すればいいか分からんわけです。

 

 

一度勉強したものを後になって勉強するのは意外と難しいです。

 

全く勉強したことがなければとりあえず簡単なものから手を出していけばよいわけですが、一度やったものを本当に0から(例えば英文法なら中学の英語から)やるのは流石に遠回りすぎます。

 

 

色々考えた結果、

”理解の怪しい部分を明確にするために大量の問題を解く→怪しい部分をロイヤル英文法とかで確認”

 

といった勉強法で対処することにしました。

 

そんなわけで昨日は本屋さんに行きました。

 

大学受験参考書の英文法コーナーのところに1時間以上居座って、あらゆる参考書を立ち読みしました。

 

選ばれたのは、基礎英文法問題精講 4訂版でした。

 

 

文法の問題集でよくあるのが、四択問題や並び替えですが、あれはあまり好きではないです。

 

ある文法事項を使ってある日本語文を英語文に直すというほうが頭を使うので本当はそういう形式の問題が大量に載っている問題集を欲していました。

 

 

しかし、英文法の問題集でそういうのは見当たらず(まぁその形式で大量の問題載っけけるって相当手間ですからね...)、あるとすればそれは英作文の問題集になってしまうようでした。

 

基礎英文法問題精講はほとんどが四択問題や並び替えなのですが、少し和文英訳も含まれていたので、妥協しました。

 

問題は全部で720問くらいあるらしいです。

 

 

「あぁ~こんなの昔やったなぁ」という感想をn回抱きながら、取り敢えず半分くらい解き終えました。

(比較表現とかめっちゃ忘れてましたわ)

 

 

明日明後日のうちに取り敢えず一周したいところです。

 

 

参考書を買った後は、およそ一万年ぶりの散歩をしました。

 

いつの間にか外が暖かくなっています。

コートはもう必要なさそうですね。やったー。

 

 

散歩してたら狸さんと邂逅しました。

f:id:nagisaharu:20220315002504j:plain

 

京都で狸を見たのは初めてな気がします。

鹿は何度か見かけていますが...

 

 

久々の散歩はすぐに体を疲労させてしまい、一時間ほどで帰宅。

 

寒さを気にしなくていいというのはこんなにも幸せなことなのですね。

 

 

いよいよ春休みもあと半月です。

 

もう3月半分過ぎたのかと驚いている次第でありますが、貴重な休みを是非とも有意義に過ごしてほしいものです。

 

 

というか春休みが終わるということは大学が始まるということか...憂鬱すぎる。